【夫の経済力で支えてもらってますけど、何か??】女性の生き方、あなたならどっち?専業主婦 VS 供働き VS 一家の大黒柱

84e2d9b191281728ac0fbbb68d40e41c_s

最近、わたしのFB投稿のコメントでディスられましたw
でも、全く、悪い気はしませんでした。
彼の言っていることも、一理あるからです。
 

わたしが投稿した内容はこちら
 

頂いたコメント↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ディスりたいわけではないですが、
パートナーとの関係のもとに成り立っているハピネスは、
その関係が終われば崩れるということがてきると思うのと、
幸せな生活の基盤となる収入原資が自分からではなく
パートナーからであれば、
更にそのハピネスの提唱にクエスチョンが。
もちろん幸せの定義は人それぞれですし、
このハピネスモデルで行ける人もいるとは思いますが。
今宵、ハッピーの伝道師にちょっと挑んでみたい気分だったので。

〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

 
まず、大前提として、
わたしは、一言も「男に依存しなさい」とは
言ってません。ただ、女性にとって、人生を変えるような
出来事って、まさに男性との出会いだし、
そこからお互いの味わい深い人生を
一緒に歩んでいけたら最高だよね、、という想いのもと
発信したつもりです。
 

>パートナーとの関係のもとに成り立っている幸せは、
その関係が終われば崩れる
  
 ⇩
  
この場合、パートナーに依存しきっているケースでは、
そうなるでしょう。
 

>幸せな生活の基盤となる収入資源が自分からではなく
パートナーからであれば、
更にそのハピネスの提唱にクエスチョンが。
 
 ⇩

 

ここで、一言いわせてください。


「夫の経済力で支えてもらってますけど、何か??」

(ドヤ顔)

 

厳密には、私と主人のはげまるは、供働きですが、
圧倒的に、いまのところは主人の経済力に
助けられています。
 

その関係が、破綻したら、破綻したで、
死なないんだから、健康なカラダと
支えてくれる仲間がいてくれさえすれば、
大抵どうにかなるもんです。
もしかしたら、その後、もっと大富豪と
出会って、プライベートジェット機とかで
ハロー!って参上するかもしれませんw
 

ここで、
みなさんへお聞きしたいのですが、
”幸せな人”と”不幸な人”の違いって
なんだと思いますか?
 

 
幸せな人は、
幸せなことを見つけることが得意で、
 

不幸な人は、
不幸なことを見つけることが得意なんです。
 
ただ、それだけ。
 

結局、人生とは毎日の積み重ねなので、
毎日のフォーカスが、ネガティブであれば、
そういう見方、考え方しかできません。
 
そもそも、”前提”が大違いなのです。

 

コメントを残してくれた彼が、
不幸な人とは決して言いませんが、
こういうコメントを残してる暇が
あったら、女のひとりやふたりでも
幸せにしてあげたらいいのに、
そういうこともきっと出来てないので、
私みたいな、ねっからポジティブな人間は
鼻について、うざくて仕方ないんでしょうねw

 

そういうコメントをしてくる男に限って、
ケチくさい根性をしてるので、女にモテるどころか、
孤独死まっしぐらでしょうけどね。
 

冒頭のタイトルでもありますが、
女性の幸せな生き方の選択は、
人それぞれだと思います。
 

がっつり専業主婦で心が満たされている方も
いれば、私みたいな、社会での立場や人脈がありつつ
夫や家族との良好な関係に支えられているのが理想
だったり。
 

最近では、「下方婚」というのが増加傾向にあるらしく、
妻の方が、夫よりも高収入のため、
一家の大黒柱的な存在になっている女性が多いらしい。
 

多くの人が理想とするパートナーとの関係って
お互いが経済的にも精神的にも自立している状態で
支え合うのはもちろん、楽しいこと、つらいことを
一緒にシェアして歩んでいける関係では
ないでしょうか。
 

男女平等社会と言われていながらも、
現実、女性は、出産や子育てで
今までのキャリアをあきらめるケースも
多々ありますよね。もちろん、育児休暇を
有効活用し、復帰できるシステムも
徐々にできているかのように見えますが、
現実、まだまだ日本は特に遅れています。
 

アメリカの統計で、
社会的に成功している女性のパートナーは
大黒柱ではなく、”協力者”に徹しているのだそう。
 

やはり、家にリーダーが2人いては、
衝突しまくって、しょうがないので、
女性が大黒柱になるなら、男性は、時と場合に応じて
リードしたり、従ったり、子育ての協力をしたり非常に
しっかりしていて、優しい男性が多いらしい。そして、
仕事はするが、ワーカホリックではない。
 

こんな男性が、まさに、わたしの理想ですw
自分でいうのもなんですが、
これ、うちの主人のはげまるくんだと思います♡
 

女性が、仕事を男社会に揉まれて
頑張りすぎると、どうしても
ヒゲが生えてきます。
生理の血がとまったり、
不正出血が続いたり
ホルモンバランスが崩れます。
 

でも、
女性が女性らしく、
社会的な地位も人脈もあり、
自分のやりたいことができる
環境のもと、更に協力的な
パートナーが傍にいてくれたら、
最高ですよね。
 

こんな女性達をもっともっと
増やして、世界をうめつくしたいなと
ハートリーは、日々、企んでおりますw
 

絶賛好評受付中!!頑張らない&わがまま放題で、なぜか愛されちゃう方法を
ハートリー明子の無料メルマガでほぼ毎日シェアしています♡

購読はこちら↓↓
http://bodymindorganic.com/lp/mailmagazine/

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

Akiko Hartley Official Blog
ハートリー明子の最新記事を受け取ろう!

心理学やコーチングの理論をベースに、グローバルな視点で見た日本人女子達へ、”もっと欲張りになって、本当に心が満たされる生き方”を実践してもらうことをミッションとする。
著名人のバンクーバー講演会主催や、国際的に活躍したい起業家を応援する活動にも力を入れている。「QOL-Quality of Life」をより高めるライフスタイルを提案した個人や企業向けコンサル、セミナー等随時開講中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

心理学やコーチングの理論をベースに、グローバルな視点で見た日本人女子達へ、”もっと欲張りになって、本当に心が満たされる生き方”を実践してもらうことをミッションとする。著名人のバンクーバー講演会主催や、国際的に活躍したい起業家を応援する活動にも力を入れている。「QOL-Quality of Life」をより高めるライフスタイルを提案した個人や企業向けコンサル、セミナー等随時開講中。

ハートリー明子の無料メールマガジン
ページ上部へ戻る